愛媛県議会議員|ふくら浩一オフィシャルホームページ|夢ふくらまそう!|トップ

衆議院選挙

師走の慌ただしい中でしたが、衆議院選挙が幕を下ろしました。 私の選挙区では村上誠一郎候補が勝利し、愛媛県下においても 全選挙区で自民党が議席を勝ち取りました。「政権奪還」であります。 しかしながら、投票率や得票率から考えますと、自民党に風が 吹いていたわけではなく、民主党政権に対する「NO」と、多数乱立した 新政党に委ねるには「時期尚早かつ不安」、だから 自民党で、という、どちらかといえば、有権者からの消極的選択のような メッセージであると私は受けとめております。 単独過半数に慢心すれば、たちまち政権を手放すことになるのは 必至。有権者の目線で政策を立案し、有権者と共に汗をかきながら政策を 実行していく、いわばラストチャンスをいただいたと思っております。 今がスタート地点。景気・雇用対策、社会保障改革、 外交・防衛、エネルギー政策、少子化対策等々、問題山積して おりますが、一つ一つ県議会議員として、皆様方のお役にたてるように 今後もしっかりと活動していきたいと考えております。 今後とも、なお一層のご指導ご鞭撻を心からお願い申しあげます。

今治造船グループの忘年会に参加

imazo_b

今治造船グループの忘年会。1,000人を超える方々が参加されております。
円高で厳しい状況ではありますが、一致団結し、知恵を絞り、苦境を
乗り越えてくれると思ってます。
この場にいると、経済政策の重要性が身にしみて感じられますね。

愛媛県離島推進委員連絡委員会に参加

ritousuishin_b

愛媛県離島推進委員連絡委員会に参加しました。離島を想う県下各地の離島出身者が集ってます。今日は県から佐伯観光物産課長をお招きし、二年後開催予定の「瀬戸内しま博覧会(仮称)」の話などをお聞きしました。島出身だとすぐに打ち解けられますね。
仲良くなったので、それぞれの島に行ってみたいと思ってます。

「えひめ•まつやま産業まつり」に出席

sangyo_matsuri_b

「えひめ•まつやま産業まつり」に農林水産副委員長として出席。
すごい人出です。各市町のブースの中で、行列が出来て目立っていたのが我らが地元今治市。焼豚玉子飯と大浜の鯛飯が出店してましたので激励に行ってきました。松山の城山公園(松山市民会館の辺り)です。愛媛の物産を広めていきたいですね。

自民党青年局の四国ブロック会議

shikoku_kaigi_b

夕方から自民党青年局の四国ブロック会議があり、小泉進次郎青年局長が松山に来ていただいておりました。
四国の窮状や問題点に真摯に耳を傾けていただき、膝詰めで様々な話が出来ました。自民党は変わらなければなりません。
地方を本当に考えてもらう為に、共に必死で頑張りたいと思います。

第17回アームレスリング愛媛県大会

「第17回アームレスリング愛媛県大会」がフジグラン重信で 開催されました。私も愛媛県アームレスリング連盟の理事を している関係で、運営側で参加させていただいてます。

第63回全国漁港漁場大会に参加

zenkoku_gyokyo_b

「第63回全国漁港漁場大会」に参加しました。漁業関係者の祭典ともいうべき本大会が、来年10月に我らが愛媛県で開催される事が内定しました!
大きな経済効果を生むとともに、愛媛の水産業の発展に寄与するものであるのは明確でしょう。大成功をおさめられるように、全力で調整していきたいと思います。

第67回ぎふ清流国体表彰式

gifukokutai_hyosyo_b

愛媛県体育協会が主催する「第67回ぎふ清流国体」入賞選手の表彰式に、スポーツ振興議員連盟事務局長として出席してきました。
素晴らしい成績をおさめられた選手の皆さんと指導者及び関係者の方々に心からお祝い申しあげます。しかしながら、今回の国体は、愛媛県は天皇杯(男女総合)の成績で34位に終わり、昨年の山口国体での25位から残念ながら順位を落としました。あと5年後に迫ってきた愛媛国体に向けて、更なるレベルアップを図らねばなりません。
一丸となって取り組み、開催県として総合優勝を勝ち取る為にあらゆる努力をしていきたいと思います。

菊間のお供馬

サイクリング大会の後、菊間のお供馬に行ってきました。 終わりの方に行ったので、走り込みの所には 行けなかったんですが、それでもすごい迫力でしたよ〜。

瀬戸内しまなみ海道サイクリング今治大会開会式

shimanami_jitensya_b

今朝は「瀬戸内しまなみ海道サイクリング今治大会」の開会式に出席してきました。すごいサイクリング愛好者の熱気。
1000人を超える参加者の多さに圧倒されます。サイクリング大会を通して今治の他の良い所もしっかりアピールしていきたいと思います。

Copylight(C)2012 Koichi Fukura.All Rights Reserved.